お車高額買取査定ナビ

車の
売却時の注意点!

車の査定額の有効期限

査定額に納得がいく場合はスグに売却してしまったほうがいいです。
車の価格は常に変化しています。季節によっても求められている車も違うので、その日に売却するのが吉と言っても大げさではありません。
交渉次第でもありますが、長くても数日間と考えていただき、高額査定に繋げていただく為に素早い対応をしていただければと思います。

車のリサイクル料金は査定額に含まれているか確認

2005年に自動車リサイクル法で決められたリサイクル料金とは、車を廃車にする際に残るもの(エアバッグ類のリサイクルやカーエアコンのフロン類等)を処分する為に必要な料金で、車の所有者は「自動車リサイクル料金」というものを前払いで支払う必要があります。
「自動車リサイクル料金」支払い済みの証明書を「リサイクル券(預託証明書)」と言いい、車を買取り業者へ売却する際に、買い取り業者は「リサイクル券(預託証明書)」も買い取ることになります。
この「リサイクル券(預託証明書)」も査定額に含まれているか確認していただくと、車売却後にどうだったのだろうかという疑問も残らず気持よく売りに出せると思います。

車売却に必要書類を用意しましょう

「自動車検査証(車検証)」
 所有者の氏名、現住所を確認しておきます。
 紛失の際は運輸支局で再交付ができますので安心して下さい。

「自動車納税証明書」
 自動車税の納税がきちんと支払われているか確認できる証明書です。
 無くしてしまっても再発行ができるので安心して下さい。
 自動車税納税証明書の再発行は、自動車税を納めた都道府県の税事務所や自動車税管理事務所・同駐在事務所にて再発行してもらえます。
 必要書類(窓口にある「納税証明書交付請求書」)に記載し、窓口に提出すれば大丈夫です。
 また、郵便での再発行申請も可能です。申請書は税務署のホームページなどでダウンロードできます。

「実印/印鑑証明書」
 車の名義変更、譲渡証明書などに必要です。
 印鑑証明書とは、捺印した印鑑が市区町村に登録された実印であることを証明するものです。
 3ヶ月以内に発行されたものが必要になります。

「自賠責保険証明書」
 自動車を所有している人は加入しなければならない自賠責保険の保険証です。
 紛失した場合は加入した保険会社に再発行してもらいましょう。

「リサイクル券(預託証明書)」
 上の説明でもも触れていますリサイクル券です。
 預託している場合には証明するリサイクル券が必要です。
 紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページにて「自動車リサイクル料金の預託状況」が確認できます。
 プリントアウトしておけば、リサイクル券の代替として使えます。

「住民票」
 自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合に必要となります。

「戸籍謄本」
 結婚などで姓が変わった場合は必要となります。

「軽自動車について」
 軽自動車の売却の場合は若干異なり、他に「軽自動車納税証明書」と「印鑑(認印可)」が必要です。


査定価格をチェック!